傘の収納

2月 22nd, 2018Posted by mana

ideaco CUBE の傘立て
家族で使えるコンパクトな傘立てで、9本の傘が立てられ、重さがあるので傘が倒れる心配もありません。底は取り外しが可能で、底に本体を被せる構造で、底のくぼみに水が溜まったら簡単に捨てて洗うことができます。サイズは縦横140mm高さ175mmです。

ideacoのokura
オクラの切り口のような断面で、4本の傘を立てることができます。1人暮らしや2人夫婦なら、傘がむやみに増えなくてよいです。

花形の傘立て
玄関に置く傘の収納は、最初に目につくことが多いので、見せる傘立てにしてみましょう。上の二つもデザインが優れていますが、雑貨屋さんにも色々あります。ゴム製で花の形のように丸く輪になっていて、6本入りコンパクトなものがあります。カラーも豊富にあります。

マグネット式傘立て
玄関扉が金属製の場合、晴れた日は玄関のドア内側にマグネット式傘立てをくっつけて傘を入れ、雨の日は玄関の外にマグネット式傘立てを移動させて濡れた傘を入れます。使わないときは畳む事ができます。引っ越して金属製の扉でなくなった場合、冷蔵庫の横に貼り付けて、ネギを入れている人もいます。

素焼きの穴あきレンガ
もともと外構に使う予定で入手したホームセンターの穴あきレンガを、傘立てにしています。傘立ては意外と高いですが、このレンガは100円程度です。大きさも23センチ×11センチ×8センチで場所をとりません。さらに濡れた傘をつっこんでも、水分はレンガが吸収してくれるので玄関が水浸しになることがありません。
ただし、表面がぼこぼこしているレンガは、傘の石突に傷がつくので、高級な傘の収納には向かないかもしれません。

サンルーム

12月 21st, 2017Posted by mana

我が家はリビングに面してサンルームを設けました。サンルームは室内と庭を繋ぐ架け橋的なスペースとなってくれています。大開口の窓を広げると自然光で溢れた開放感あふれるサンルームが広がるため、いつもと同じ時間でも贅沢でワンランク上の時間を過ごしているような気持ちにもさせられるのです。

天気のいい日には窓を開け放ち、リビングの延長としてサンルームを利用します。ここにもテーブルやイスを設けているため、子ども達を庭で遊ばせながらママ友とお茶をしたり、夜は夫婦で晩酌をしたり、休日のランチをここで食べたりしています。庭の景観を楽しみながら、暖かな日差しや心地よい風を肌で感じることができ、心身共にリラックスできるのです。

このサンルームの上には同サイズの二階バルコニーが設けられています。これが屋根代わりとなってくれています。全面と側面にはパネル扉が設けられております。開閉自由なため用途や天候に合わせて扉を調整することができるのです。サンルームの一部分には洗濯物干し場を設けています。天候に左右されることなく洗濯物を干すことができるため毎日の家事を円滑に行えています。

しかし、夏はサンルーム内が高温になります。内部日よけやカーテンなどを設け、日差しをやわらげエアコンなどの冷気が逃げるのを避けるように対策をとっています。冬は晴れていないと寒いのですが室内においては二重窓効果で温かさが増しています。室内の快適性も大事なのですが、アウトドアリビングを楽しめる住まいを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

造り付けカップボード

10月 8th, 2017Posted by mana

我が家のキッチンには、スペースに合わせてカップボードを造り付けました。床から天井近くにまで広がるカップボードは収納力抜群です。スペースに合わせて家具を造りつけているため統一感や見た目の印象もスッキリしています。

そして何より大地震の際にカップボードが倒れ込むという心配がないのです。最近では地震対策の一つとして家具を造り付ける家庭も増えています。地震に対する備えや、より安心して暮らせる住まいはまさにこれからも求められることだけにカップボードを造り付けて良かったと思っています。

カップボードの全面にはすりガラスの引き戸が設けられています。キッチンを使用しない時や来客時には扉を閉め切って収納している物が目に入らないようにします。キッチン家電や食材などが見えないので生活感を一切感じさせないキッチンが広がるのです。キッチンで家事を行う場合には、扉をフルオープンにしてどこに何があるかが把握しやすく、また物の出し入れが効率よく行えるようにしておきます。引き戸なので扉を開けっぱなしにしていても邪魔に感じることもありません。シーンによってキッチンの印象を変えてくれ、家事のしやすさも高められるだけにとてもお気に入りのカップボードです。

扉三枚分にも広がるカップボードの扉一枚分はキッチンパントリーとして食品やレシピ本洗剤のストック、お米などを大容量に収納できています。残りの扉二枚分には、食器類とキッチン家電を収納しています。キッチンを振り返ると一面に必要な物が揃っているので家事がとてもしやすく、キッチンスペースに物が散らかることもなくなりました。このようなカップボードを設けて、キッチンの居心地を高めたいものです。

廊下

6月 1st, 2017Posted by mana

我が家の新居の一階も二階にも廊下がありません。我が家のように最近では廊下のない家というのが増えています。廊下がデッドスペースとして考えられるようになってきているのです。廊下を無くすことで家の中のスペースを最大限に有効活用できるようになります。

廊下を設けるスペースを無くすことで、リビングを広くできたり、他の部屋を広くすることができます。今までの住宅は廊下を設けることで部屋を細かく区切っていました。廊下を無くすことで部屋の細分化がなくなり、空間の繋がりや視界の繋がりを得られ、より広さを実感できるようになるのです。広々とした住まいであれば廊下を設けても、各部屋に十分な広さを確保できますが、狭小住宅など面積があまり大きくない家では廊下をなくすことで空間が広々と、有効的に活用できるようになりますし、使い勝手の良さも高まります。廊下を設ける場合には、廊下をただの通路としてしまうのではなく、よりこのスペースを有効的に活用するといいと思います。

例えば、二階の廊下には天井から吊るした室内干しを設けておきます。悪天候時や夜洗濯を行う場合でも洗濯物干し場に困らずに済みます。廊下の壁厚を利用して床から天井まで広がる壁面収納を設けるのもいいでしょう。収納スペースを充実させることは住まいの満足度にも繋がります。廊下がただの通路だと殺風景になりがちですが、雑貨や写真を飾ったり、本を整理したりと多目的に利用できることで廊下をデッドスペースと感じることもなくなります。廊下に注目して家造りを進めるのもおススメです。

業者の存在

3月 23rd, 2017Posted by mana

家造りを進めるにはまず依頼する業者を選ばなければなりません。しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在するだけに、自分達にあった一社を選び出すというのは容易なことではないのです。しかし、家造りを成功させる大きなカギを握るだけにしっかりと信頼できるパートナーと出会いたいものです。

我が家は地元に密着した工務店を依頼しました。地元の素材をふんだんに使用した家造りを行うことができ、価格においてもハウスメーカーと比較すると安かったです。いい無垢材や漆喰などいい素材をふんだんに取り入れながら、耐震性や断熱性の高い家造りを行ってくれる業者に出会えたことで限られた予算内で期待以上の住まいを完成させることができたのです。家造りを行った大部分の人が、予算をオーバーしたという失敗談を口にします。しかし、予算内で期待以上の住まいを完成させることができたのは、予算がかさむ提案をしてくる時には同時に節約できるポイントをアドバイスしてくれました。幅広い選択肢の中から最良の選択を常に行うことができたことが大きなポイントにもなりました。

引き渡し時には「これでお付き合いが終わるわけではありません。むしろこれからが本当のお付き合いと思って何かあればすぐに連絡ください」という言葉をかけてくれました。この言葉を聞き、この業者に依頼してよかったと心底感じたのです。アフターメンテナンスにおいてもしっかりフォローしてくれると安心度も高まります。自分達に合った一社を選びだし、最高の住まいを完成できるようにしましょう。

和室は延長型?独立型?

11月 21st, 2016Posted by mana

建ち並ぶ住宅を見ても昔ながらの純和風の家というのは少なくなってきました。洋風テイストの住宅やモダンでスタイリッシュな住宅が増えています。この住宅の傾向に伴って、和室が一室もない住まいというのも珍しいことではなくなりました。しかし日本人であるならば和室の居心地の良さは次の世代にも伝えていきたいとも思うものです。

間取りを決める際にも和室に変化が出てきています。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったのですが、最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが増えているのです。独立型の和室の魅力は、客間として利用できること、また宿泊ルームとして利用する際も宿泊者にゆったりと休んでもらうことができることです。リビングのテレビの音や喋り声を気にすることなく休むことができます。また、生活感のあるリビングを見られたくないお客様をお通しするのに客間があると便利です。

LDKに隣接する和室が人気となっているのは、和室を客間として利用する機会がほとんどなくなったことや、LDKに隣接させることで和室をより多目的に使用することができるからです。普段は隣接する部分の建具を開け放っていれば、LDKにより広さや開放感を与えることができます。子どもの遊ぶスペースや昼寝スペースとして利用しても、キッチンで家事をしながらきちんと母親が子どもに目が行き届くため安心できます。建具で仕切ってしまえば和室を個室としても利用できます。

宿泊ルームとしてや、歳をとった時の寝室としても利用できます。和室をどのように活用させたいかで間取りも変わってくるだけに、今一度和室について考えてみるのもいいと思います。

横一直線の家事動線

9月 13th, 2016Posted by mana

専業主婦である私は間取りを決める際に重視したのは家事動線です。間取りを決める際には動線に配慮する必要があるのですが、この動線には家事動線と生活動線があります。どちらの動線も重要なのですが、専業主婦である私は特に家事動線に注目したのです。家事は365日休みがありません。休みのない家事を負担に感じることなく、楽しみながら行える環境を整えておくことで家で過ごす時間がより充実したものになるのです。

そこで我が家は取り入れたのは、横一直線の家事動線です。家事の中心であるキッチンと中心に、向かって右側にはダイニングを、左側には洗面室を設けて、洗面室・キッチン・ダイニングを一直線で繋いだのです。家事動線を考える際で一番重要と言われているのが、キッチンと洗面室の動線です。キッチンで炊事をしながら洗面室で別の家事を行う機会は多いです。同時に2種類の家事を行うことのあるこれらの空間はできるだけ動線を短くしておいた方がいいのです。我が家は隣に配置したことで、4、5歩で互いの空間を行き来でき、横移動なので移動のしやすさも高まっています。これで同時に2種類の家事を行いやすくなりました。

そして食事の支度は一日三度もあります。これはキッチンとダイニングの動線が関わってきます。キッチンの前にダイニングを設置している家庭が多いのですが、キッチンの横にダイニングを設けたことで、配膳や食後のお皿の片付けの効率が高まりました。また家族にとってもキッチンという存在が身近に感じられるようになり、積極的にキッチンへ足を運び、手伝いをするようになったのです。動線に配慮することで、家事の効率を高めるだけでなく、家族との繋がりを感じ楽しみながら行えるようにもなるのです。

室内干し

7月 24th, 2016Posted by mana

私の周りには新築住宅を購入した人が増えてきました。我が家も住宅購入を検討しているだけに、住宅を購入した友人から住宅へのアドバイスをもらうことも多いです。友人達からのアドバイスで多いのが室内用の洗濯物干し場をしっかりと設けておくことでした。日本は一年の半分が雪や雨という地域の人もいます。悪天候時でも洗濯は行われるだけに毎日円滑に家事を行える環境をしっかりと整えておきたいものです。

屋外用・室内用どちらにも言えることは、洗濯機を設置している洗面室からの動線に配慮するということです。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで運ばなくてはならないため動線はできるだけ短い方がいいのです。一番理想的なのは、洗面室を広々と確保し、そこに天井から吊るすタイプの室内干しがあると洗濯機から移動することなくその場で洗濯物を干すことができます。洗面室の広さに余裕がないと、入浴の前後など洗面室を利用する時に、洗濯物が邪魔で使用しにくくなるのです。室内用の洗濯物干し場を設ける際には、湿気や衣類がしっかり乾くということにも注目しなければなりません。

友人の一人は、階段を上がった先のホール部分を利用してここに室内干しを設けている人がいます。動線上に階段を挟むので最初は抵抗を感じたそうなのですが、室内用を使用する頻度が低いことからここに設けたのです。屋外用の洗濯物干し場は少々の雨でも衣類が濡れることがない場所に干しており、雪が降る地域でもないため、室内干しを使う機会が少ないのです。この二階のホールはリビングの吹き抜けに面しているため、一階で冷暖房を使用するとその風で衣類がしっかり乾くのです。あらゆる角度から室内干しをどこに設けるべきか考えて設置しましょう。

二階スペース

6月 9th, 2016Posted by mana

階段を上がった先のホール部分をどのように活用させていますか。我が家はこのホール部分を中心に二階の間取りを決めました。二階のホールと言うとただの通路でしかないのですが、この部分の広さを6帖ほど確保し、キッズスペースやパソコンスペース、書斎スペースなど多目的に使用できる空間を得たのです。

このホールを中心に各部屋へ行き来するようになっています。廊下がないので各部屋の空間を有効利用させることができています。ここには多目的に使用できるように横幅と奥行のあるカウンターを設けました。

現在ここには子どものおもちゃを並べてキッズスペースとして利用することが多いです。お絵かきをしたり、おもちゃで遊ぶ場合もこのカウンターが重宝しています。ここをキッズスペースとして利用できるのは、この二階のホールが吹き抜けに面して設けられているからです。まだ小さな子どもが遊んでいてもこの吹き抜けを通して子ども達の気配を感じることができます。気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。別々の空間で過ごしていても家族の繋がりを感じられるので互いに安心感が得られるのです。

子ども達が成長すれば、ここをスタディコーナーとしても利用できます。子ども達が並んで勉強することができます。子ども達が使用しない時は、旦那さんの書斎スペースやパソコンスペースとして大人が使用することもできるのです。二階に上がったスペースにこのように多目的に使用できる空間があることで、二階で過ごす時間をより大切にすることができるのです。

ウォークスルー収納

4月 8th, 2016Posted by mana

収納はただ広い収納スペースを確保すればいいというものではありません。大型の収納庫があると物が片付き確かに重宝します。季節もののアイテムや、捨てたくても捨てられない物を収納しておくスペースとして最適です。収納を設ける際に注目しなければならないことは、必要な場所に必要な物がきちんと収納できるかということです。それを実現するためには、その場に必要な物がどれくらいあるかを把握することです。そして収納した物を出し入れしやすいかということもポイントです。

収納はできたが、奥にしまった物を把握しにくく、また出し入れがしにくいということになれば収納への不満は溜まっていくばかりです。物の出し入れがしやすいかということも収納を設ける際には注目しましょう。そして動線に沿った収納を設けることで収納への満足度をかなり高めることができるのです。家事動線や生活動線上に収納スペースがあると、ついでにしまって、ついでに取り出すということがしやすくなります。住宅内を行ったり来たりする必要がなくなり、住宅内の動きをより最小限に抑えられるのです。それは結果的に暮らしやすい家という風に感じられるのです。

そこで我が家には家事動線で最も重要なキッチンと洗面室の間にウォークスルー収納を設けました。通路を挟んで片側はキッチンパントリーとして、そしてもう片側は洗面クローゼットとして利用しています。食材を大容量に収納しておけるパントリーがあることで、キッチンスペースを広々とさせることができ、キッチン内を動きをスムーズにしてくれています。そして洗面クローゼットにはタオル類をはじめ、家族の下着やパジャマをしっかりと整理できています。二つの空間を行き来することが多く、その先で必要な物をサッと取り出し目的地へ行けるので家事効率が高まっています。我が家は収納への不満がほとんどありません。