Archive for 1月, 2013

建築条件付宅地とは?

1月 28th, 2013Posted by mana

建築条件付宅地とは、建築業者を変えることこそできないものの、自身で自由な設計を立て、家を建てることのできる土地のことをいいます。
別の建築を探す手間もなく、宅地を購入することのできるといった非常によい制度だといえます。
この制度の由来としては、〝独占禁止法〟からきています。
また、土地の重要な点としては、前もって、建物が建った時の状況を考え、土地本来の水はけはよいものかなども確認しておくとよいでしょう。
土地の価格に対しても建築条件付宅地の場合は、建物と土地の総額だけに魅力を感じがちなのですが、記載されている土地の価格が相場に対し、適切であるかということも重要になってきます。
また、建物条件付宅地においては〝土地価格〟〝参考プラン〟〝参考価格〟といったこの3点は必ずといってよいほど記載されています。
物件を選ぶときは、全体の金額をみて、判断しがちですが、性能・使用材料・工法がどのようにつくられているかもきちんと確認してほしい点だといえます。
参考価格というのは、建物のみを表し、水道、下水外部配管、確認申請費用は、別といったこともありますので、そこも気をつけたいところです。
 また、近年では、建築条件付宅地が多く出回っているのも現状です。
 そのわけとしては、間取りの自由にでき、なおかつ、仕上げ材料や住宅設備をある程度の範囲内でしたら、選択することの可能となることなどもあげられます。
 ですが、この販売方法が多く出回っているようになった本当の理由としては、売主の事情にあるということなのです。
 それは、売主によるいわば、〝危険を侵してでも挑む賭け〟なのです。
 このような背景があるということを知識として貯えておくことも売買交渉の不利益につながらない一つの考え方ともいえるのです。