Archive for 2月, 2018

傘の収納

2月 22nd, 2018Posted by mana

ideaco CUBE の傘立て
家族で使えるコンパクトな傘立てで、9本の傘が立てられ、重さがあるので傘が倒れる心配もありません。底は取り外しが可能で、底に本体を被せる構造で、底のくぼみに水が溜まったら簡単に捨てて洗うことができます。サイズは縦横140mm高さ175mmです。
ideacoのokura
オクラの切り口のような断面で、4本の傘を立てることができます。1人暮らしや2人夫婦なら、傘がむやみに増えなくてよいです。
花形の傘立て
玄関に置く傘の収納は、最初に目につくことが多いので、見せる傘立てにしてみましょう。上の二つもデザインが優れていますが、雑貨屋さんにも色々あります。ゴム製で花の形のように丸く輪になっていて、6本入りコンパクトなものがあります。カラーも豊富にあります。
マグネット式傘立て
玄関扉が金属製の場合、晴れた日は玄関のドア内側にマグネット式傘立てをくっつけて傘を入れ、雨の日は玄関の外にマグネット式傘立てを移動させて濡れた傘を入れます。使わないときは畳む事ができます。引っ越して金属製の扉でなくなった場合、冷蔵庫の横に貼り付けて、ネギを入れている人もいます。
素焼きの穴あきレンガ
もともと外構に使う予定で入手したホームセンターの穴あきレンガを、傘立てにしています。傘立ては意外と高いですが、このレンガは100円程度です。大きさも23センチ×11センチ×8センチで場所をとりません。さらに濡れた傘をつっこんでも、水分はレンガが吸収してくれるので玄関が水浸しになることがありません。
ただし、表面がぼこぼこしているレンガは、傘の石突に傷がつくので、高級な傘の収納には向かないかもしれません。