ママのワークスペース

4月 26th, 2019Posted by mana

主婦にとって家事は365日休みがなく、自分が高齢になった時でも続けなければなりません。
立ったまま料理をしたり、洗濯物を干したり、重たい洗濯物を抱えて移動したり、掃除機をかけたりと体力が求められます。
立って行う家事ばかりでなく、家計簿をつけたり、ボタンを付け替えたり、裾上げしたりなど裁縫をしたり、子ども達のスケジュール管理や宿題のチェックなど座って行う作業も多いです。
そこでこれらの座って行う作業においても効率よく行えるようにワークスペースを設けておきましょう。
そうすればこれらの家事が行いやすくなるだけでなく、家事や育児の合間の休憩スペースとしてホッと安らげる自分だけの居場所にもなるのです。
これを設けるのはキッチンからより近い場所がいいと思います。
主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。
そのキッチンから近いことで、家事の合間の時間をより有効的に利用できるのです。
キッチンで煮込み料理をしている空いた時間を利用して、ワークスペースで宿題のチェックをしたり、裁縫をしたりと別の作業を行うこともできますし、リビングで過ごしている子ども達の様子を確認しながらホッと一息コーヒーを飲みながら休憩することもできます。
一体感のあるLDKの一角に設けておくことで、子どもにも目が行き届きながら、自分の時間にも集中できるようになるのです。
子どもがある程度成長している場合、キッチン横に設けるウォークイン型のパントリーを設け、その一部に作業カウンターを設けママの居場所とするのです。
リビングから見えない位置に設けることで、個室で過ごしているような感覚が得られ、自分の時間をより大切にできるのです。
このようなスペースがあることで家事の原動力にも繋がるためママの居場所をしっかりと設けておくのもいいのではないでしょうか。