実家のキッチンについて

3月 30th, 2013Posted by mana

 こないだ、ご紹介しましたリフォームすることになった実家のキッチンについて、もうちょっと書きたいと思います。
大分で新築した当時についていたキッチンの天板は、ステンレスでした。
今のシステムキッチンは、これ以外にも人工大理石の天板が選べます。ステンレスの良さは、熱に強いことです。熱に強いので熱い鍋を鍋敷きなしでおくこともできます。それとは逆に人工大理石の場合は熱いものは注意が必要です。何度も熱いものを置くと変色の原因になります。
その分ステンレスはもらい錆をおこすこともあります。また、水垢もつくと目立ちます。それに比べて人工大理石はもらい錆もなく、水垢も目立ちません。どちらも一長一短があります。
うちの母の場合、熱いお鍋はぽんと天板に置くタイプです。掃除はこまめにする方なので、汚れより熱いものを置ける方があっていると思いました。ステンレスにした方が金額もお求めやすくなる為ステンレスにすることにしました。
この選択は使う人が何に重点をおくかによって決めるといいと思います。また今のキッチンは天板の高さも選べます。これまでのキッチンの高さは82センチぐらいの低いキッチンがほとんどでした。キッチンが低いと前かがみの姿勢になるため腰に負担がかかります。母は腰が弱いタイプなので腰に負担のかからない高さにしてあげようと思いました。今回のキッチンは高さ85センチにしてもらいました。85センチだと手洗いで洗いものをする時もそんなに前かがみにならないので腰に負担がかからなくなります。
キッチンの高さは、よく使う人の身長にあわせて選びます。高さひとつで使いやすいさが格段によくうなるのです。

キッチンのショールーム

2月 17th, 2013Posted by mana

実家のキッチンリフォームの際に、ショールームへ行きました。
ショールームがある場所は、大分で新築やリフォームする方が来場しやすいように、そのメーカーのショールーム以外にも多くのメーカーのショールームが立ち並ぶ場所です。ショールームへ入ると、係りの方が応対してくれました。
平日でちょうどお客さん少ない時間であったため、その場で見積を作成してもらえることになりました。キッチンには、お求めやすいものから高級品まで様々な種類があります。
種類もセパレートタイプとシステムキッチンタイプがあります。今回、工事費もあるのでできるだけお求めやすいキッチンとのことだったので、そのメーカーのお求めやすいもので見積してもらうことにしました。
セパレートキッチンとシステムキッチンでは、システムキッチンの方が割高になりますが、お勧めはシステムキッチンであったため、システムキッチンで見積しました。まず、大きさは今現状が180+60の210センチのキッチンが付いている状態でした。その横に勝手口がありましたが、勝手口はつぶし大きめのキッチンをつけたいとのことでした。その為、大きさから考えると270センチのキッチンを設置することができそうでした。もちろん、270センチぴったりでは収まらず少し隙間ができます。そこは、設置の時に補修して隙間をうめることもできるので大丈夫です。
270センチのシステムキッチンを実家に合った形にしてもらうようにしました。

家相でみた庭づくり

6月 27th, 2012Posted by mana

 新潟に住んでいる友人が、新築の購入を検討しています。
今までは賃貸住まいだったのですが、やっと念願叶ってマイホーム住まいになります。いろんな住宅展示場を見たり、住宅雑誌などで資料を取り寄せたりして、ああでもないこうでもないと、楽しくも悩ましげにプランを考案中です。
しかし、せっかくの新築です。友人は家は小さくてもいいけれど、庭は絶対に欲しいと言っています。
そういえば、庭やガーデニングにも方位のいい・悪い、また植える樹木などにも家相があるようですね。
東、南、東南側の庭は仮想的に良いとされているようですが、この3つには共通点があります。「樹木は低めのものを、太陽の光がたくさん入るように」気をつけて庭を造るといいのだそうです。
そういえば、住宅の家相を見ても、家族が集まる場所や、おのおのが過ごす部屋などは太陽の光が差し込む方位がいいなんて話もありますよね。となると、庭の樹木で大事な太陽光がさえぎられては意味がありませんし、樹木で外から家が見づらくなると、防犯の観点からも危険が増します。
ところで庭といえば、池を造る人がいますよね。金魚や鯉、めだかなんかを泳がせている人もいるかと思います。
ですが池を設置する際、特に小さな子どもが居るお宅では気をつけないと、池に落ち込んだりして大変な目に遭います。
現に私の夫の実家では池があり、2歳の子どもが落ち込んでえらい目に遭いました。
幼児は深さ数センチ程度の水でも溺れてしまうことがあるので、特に注意が必要です。
子どもの安全を考えて埋めてしまおうと考える人も居るかもしれませんが、なんと家相では「池を埋めることは凶相」だとか。
水を置くことで運が良くなったり、また悪くなったり、書籍や人によってもいろいろ諸説があるようで「コレ」という鉄板的方法はないような気がします。
ですが、家相云々より、ストレスで身体を壊してしまわないためにも、気になる人はその辺をきっちり調べてからやったほうがいいかも知れません。
しかし、家相や風水は気にしだすと止まりません。そして現実に、気にする人はどこまでも気にします。
こういうものを信じるタイプではない私には、なかなか手強く感じます。